ニュース

マシンビジョン機能


基本機能:複雑なマシンビジョン処理に使う。システムが特定画像認識、各バック有の写真に認識.
検査範囲内指定画像箇所、指定対象に指定内容検査欠陥検査。現物が希望と差があり、例、色が違う、縁が違うがあればマックして反応



基本機能:計数、製品位置決めれば画像内相当箇所標示。画像に対象物があるか確認。例、車載部品では製品穴が適当確認。穴数及びサイズNGであれば排出.

基本機能:測定
位置決めにより距離計算。高精度測定、製品サイズ検査。
ラインで検査が製品と接触しないのまま検査、製品に損がない。接触検査の代わりに使う、マシンビジョンがより良い快速、低コスト


基本機能:二次元、バーコード認識
多くの業界に特に電子部品及び車載部品、すべて製品がコードがあり。コード認識がマシンビジョン基本機能、生産ラインに追跡。不良があればすぐに不良箇所、状況が分かる、製品状況把握できる.
位置決め、計数、測定、コード認識により全ての製品検査できる。マシンビジョンが進歩続け。数年前が高価な技術が今が簡単に使えるし易い。高精度高速度、高信頼性。マシンビジョンが人類に最高の体験されてる.