ニュース

鉄鋼業界における機械視覚の応用

人工費下げると生産力高めるため鋼鉄自動検査方案生みたせました鋼鉄マションビジョン検査である。

鋼鉄傷検査が下記状況で検査:

表面欠陥検査できる、例、傷、穴、及びその他の不良、検査速度が1分間120m以内であれば検査できる.

運送中鋼鉄幅違う、変形、ズレ、及び表面油、水の干渉対策.

検査システムが自己学習及び適応機能があり、違う幅、違う色、違う速度でも検査可能。自動認識、自動感光、耐振動機能もあり、随時自動検査自動報告.


高精度、低故障。カメラとPC合わせ作業システム.

オプトメカトロニクス技術で高性能保障

カメラが材料上面、LEDバー照明取付、カメラ視野及び明かり保障、外部影響ないのまま.

材料が欠陥がある時、欠陥箇所反射が変化する、カメラがその変化撮影してPCに反応。PCが画像処理により欠陥箇所認識アラーム。欠陥箇所が画面標示

高精度の対策為、高分解能必要、高分解能ラインカメラと工業用PCシステム。カメラが画像撮影、PCが画像処理、画像認識、欠陥認識、位置認識アラーム.

LOTSがマションビジョン照明専門家、短時間で最適な照明組合せ回月方法提供できます.